20年の事業展開

20年以上の業界経験を経て、ZOOOMは3人だけの小規模な事務所から、名だたるクライアントと有能なチームを誇る国際的な代理店に成長しました。この間、専門知識や技術を一語ずつ、1画像ずつ、1メガバイトずつ積み重ねながら、多くを体験し、遂行し、学びました。そして今、この専門性を、お客様とシェアするのを楽しみにしています。

アニバーサリーブック

header history zoat

 

20周年を記念し、私たちの友人やパートナー向けに高品質な特別製本版のアニバーサリーブックを制作しました。ぜひご覧ください。

アニバーサリーブックをご希望の方は、メッセージでお知らせください。

ZOOOMの沿革

1997年

1997 3840
ZoAt 170601 Niki Ulrich book 20th LR 0065 1

ULRICH、退職する

 

ZOOOMの歴史は、Ulrich Grillがウィーンで最も輝かしい業績を誇る広告代理店を退職したときから始まります。退職の理由?それは、大事にしていたクライアントとそのプロジェクトのために働きたかったからです。

彼と妻のNiKi Grillは、ほどなくFuschel Am Seeにある2人の小さなアパートメントで代理店として独立します。この人口1,700人の小さな避暑地は、世界最高のエナジードリンク製造する国際企業の拠点があることで有名です。

イメージが万物にインスピレーションを与える

 

Ulrichのプロとしての最初の仕事をご存じでしょうか?それは、彼自身も所属するRed Bull Acroチームと共同で撮影した、アクロバティックなフリーフライの画像です。これまでに誰も見たことのないパノラミックな風景は、世界中のフリーフライやアドベンチャーマガジンに掲載され、Ulrichはフォトグラファーとしての第一歩を踏み出しました。

Ulrichはあらゆる種類のアクションスポーツにレンズの焦点を合わせました。

1998年

1998 3840

レッドブル フォトファイル

 

ビジネスで話題になるキーワードに流行り廃りはつきものですが、良いストーリーは廃れることがありません。今ではイメージや動画が炎上して、ほんの数時間で世界中に拡散することがよくあります。しかし、90年代中頃にZOOOMとレッドブルが作り上げた大胆かつ新しいマーケティング戦略は、その後、ゆるがぬ基準となります。

「信じられないほど素晴らしいイメージを制作し、誰でも無料で閲覧できるようにする。そして成り行きを見守る。」

これがレッドブル フォトファイルの哲学であり、成功への道でした。

1999年

1999 3840

私たちの仕事は、世界を探検すること

ZOOOMはフォーカスする分野を適当に決めてるのではありません。それは、私たちがふだんからやりたいと思っていることが、有機的に進化したものなのです。ですから私たちは、やるべきこと、伝えるべきことを知っています。アウトドア業界のクライアントが私たちを選ぶのは、クライアントが本当に必要なものを提供できるからです。

2000年

2000 3840

路面店の中の代理店

 

ZOOOMはNikiとUlrichのアパートメントを出て、路面店スペースに事務所を構えます。

家賃は安かったのですが、実用的ではありませんでした。肌もあらわなビキニ姿でスノーボードに興じる若者たちを事務所内で撮影したときは、ウインドウから丸見えだったので、ZOOOMとは一体何をしている会社なのかと訝しむ噂が町中に広がりました。

戦略的に物語を紡ぐ

ワンストップショップ

メディアランドスケープのデジタル化が加速するにつれ、代理店の仕事も急速に変化し、もはやカタログをデザインしたり、ロゴマークのコンセプトを見直すといった仕事ではなくなっています。ブランドは消費者とのあらゆる交流方法について考え始める必要があり、ブランドが発信する物語によって、消費者の変化や成長の道のりを支援する方法を模索しなくてはなりません。私たちの仕事はクリエイティブであると同時に、よりシステマティックかつ論理的なもの、すなわち戦略性を持って物語を伝えることに変わっています。

2001年

2001 3840

自社社屋をオープン

 

ビジネスの急速な拡大に伴いより広いスペースが必要となり、現在のZOOOM社屋の一部が建設されました。

現代的なオープンプランのクリエイティブな空間は、Fuschl Am Seeの伝統的な街並みの中で異彩を放っています。当初、地元の住人たちに奇異の目で見られていたこの建物は、すぐに人々が集う、賑やかなアクテイビテイの場となりました。

2002年

2002 3840

成長の一途をたどる

良い仕事をすれば、多くの仕事の依頼が来るものです。10年間仕事を続けた後は、仕事の数も種類も増加の一途で、イベントの企画運営やビジネスパートナーシップの根回しから、定番のコミュニケーションに必要な印刷物、ウェブサイト、POPディスプレイ、ビルボードまで、様々な仕事を手掛けるようになりました。

2003年

2003 3840

アドベンチャーレースの実現

 

2003年に最初のRed Bull X-Alpsが開催されましたが、その内容は現在とはかなり異なるものでした。アスリート達は多くのリスクを負い、ほぼ夜も眠らずに過ごさねばならず、実際にゴールに到達できる選手がいるのかわからない状況でした。

幸いなことに選手たちはゴールし、世界で最も名高いアドベンチャーレースの1つが生まれました。

2004年

2004 3840

地球規模の血統

 

若く、エネルギーと野望に満ち溢れたZOOOMは、すぐに業界大手と仕事をするようになります。P&Gのパーソナルケアブランドのブラウンは、Braun Cruzerのキャンペーンを率いる役目にZOOOMを選択。最終的には私たちが指定代理店として、数百万ドル規模のキャンペーンを引き受けることになりました。

ナイキ、Fischer Skisそしてレッドブルといったクライアントも、引き続き私たちを忙しくさせています。

2006年

2006 3840

ZOOOM、アメリカに進出

地球規模でのビジネスの成長に伴い、アメリカはカリフォルニアのベニスビーチにZOOOMのオフィスを開設。本社のあるオーストリア・アルプスとは全く異なるビーチサイドのオフィスは、私たちとクライアントの視野を広げてくれました。

RED BULL ILLUMEが世界を明るく照らす

ZOOOMの仕事の中核には、常に写真とイメージ制作があります。2006年から2007年の間、私たちはレッドブルと共に、アクションスポーツフォトグラファーのコミュニティを、これまでにない形で巻き込む方法を模索していました。その結果、Red Bull Illume Image Questで、アーティストとアスリートが初めて晴れの舞台に立ちました。この写真コンテストは瞬く間に世界で最も権威あるものとなり、3年に一度、開催されています。

2008年

2008 3840

ワーケーション

誰もがカリフォルニアに行ってみたいと思っていますが、私たちにはそれだけでは足りませんでした。レッドブルのアメリカ本社で2年間働いた後の2008年、ZOOOMは新オフィスをカリフォルニアに開設しました。

2009年

2009 3840

拡張するオフィス

アメリカに進出する一方で、手狭になってきたFuschelのオフィスは増築の必要性に迫られます。2009年に完成したZOOOMの「新ビルディング」には、巨大なキッチンと共有エリア、クリエイティブな頭脳のためのスペース、そしてもちろん、社内クライミングウォールを完備しています。

2013年

2013 3840

イメージメーカーにイメージを提供

2013年以来、私たちは写真における専門性を活用し、ブロンカラーやライカを始めとする、写真業界の複数の新クライアントのキャンペーンやプロジェクト、イベント、ブランドアクティベーションを支援しています。進化し続ける業界において、素晴らしいタイイン・マーケティングや、Red Bull Illumeを通じた露出の機会を提供することこそ、私たちが最も重要であると考えるテーマです。

2014年

2014 3840

COOPH

私たちには伝えたいことがあります。COOPH (the Cooperative of Photography) は、私たちが実践を重ねて得たものを伝えるために2014年に立ち上げた独自のブランドで、コンテンツプラットフォームとオンラインコミュニティの場であると同時に、ここにしかない写真関連グッズやアパレル製品のメーカーでもあります。

2015年

2015 3840

ベニスビーチの新オフィス

南カリフォルニアのベニスビーチに開設した新オフィスは、湖のほとりにある本社オフィスとは全く異なり、カリフォルニアのサーフタウンの中でも最も自由で活気に溢れたAbbot Kinney Blvdに立地しています。本社チームの誰もが、アメリカを拠点とするクライアントや、大小のプロジェクトコラボレーターとの交流の場であるこのオフィスを訪れるのを心待ちにしています。

2016年

2016 3840

東洋の最東端へ

2000年代の最初の10年は西に向かいましたが、次の10年は東を目指しました。こうして、日本の大手量販店チェーンのヨドバシカメラと、相互利益のあるパートナーシップが実現したのです。

2017年

2017 3840

創立20周年を記念

2019年

2019 3840

ZOOOM、西へ行く

 

世界の西と東の端から来た二人の人間が出会い、一献交えたら何が起こると思いますか?それは、壮大なブランド物語の序章でした。

2014年、Ulrich GrillはZOOOMのネットワークを拡大するというビジョンがありました。そこで共通の友人を通じてヨドバシのオーナーである藤沢和則氏との会合を設定しました。二人が出会うと、アクションスポーツに対する情熱、その中でも特に山頂から身を投じることを含むエクストリームスポーツへの熱意など、多くのことを共有しているのに気付きました。二人は握手して取引は成立し、そこから互いへの尊敬の念の上に成り立つ、長年にわたるパートナーシップが始まったのです。この素晴らしい出会いからわずか5年で、ZOOOMは日本の東京都心に事務所を開設することになります。