• Authorzooom productions
  • Published30 April 2020

心でつながる

今週の日曜日は、世界のランナーが慈善目的でつながる Wings for Life World Run の日

5月3日、世界中の人々が、脊髄損傷の研究を支援するチャリテイランニングイベント、Wings for Life World Runを世界同時にスタートします。参加者は専用のアプリを使い互いに安全な距離を保ちながら、キャッチャーカーと呼ばれる「動くゴール」に追われるスリルを味わうことができます。この春も計画通りに実行される、世界中に影響を与える数少ないランニングイベントのひとつです。

 

Wings for Life World Run の参加者は、参加できない人、つまり脊髄損傷の影響を受けた人のために走ります。第7回となる今年は、これまでとは異なるユニークなイベントになります。全ての参加者は5月3日の中央ヨーロッパ時間午後1時きっかりにスタートしますが、それぞれの競争相手は Wings for Life World Run アプリ上の仮想キャッチャーカーとなります。距離によって隔てられていても、私たちの心はいつも1つです。

ハードルのオリンピック銀メダリストであり、Wings for Life World Runの国際スポーツディレクターでもあるColin Jacksonは、次のように述べています。「今年は、今まで以上にこの素晴らしい活動に参加する人々の情熱に感動しました。社会的距離を保つために多くの人々が大規模なランニングイベントに参加する喜びを味うことができない現在において、このような機会を提供できることを非常に嬉しく思います。アプリを使って走ることで、誰もが個別に参加できるのです。」

Wings for Life World Run は、19か国で211件の研究プロジェクトに資金を提供している非営利財団 Wing for Life を支援します。全てのレベルのランナーの参加を歓迎するこのイベントは、6回の開催を重ねた現在、193の民族から62万人の登録ランナーが、7つの大陸の全てを網羅する70か国以上を走ったり、歩いたり、転がったりして、慈善のために2憶6,500万ユーロを集めました。

 

参加登録は公式スタート時間である中央ヨーロッパ時間午前11時の1時間前まで受け付けていますので、どなたでもWings for Life World Run のコミュニティに参加して、参加できない人たちのために走ることができます。ランニングアプリは App Store と Google Play でダウンロードできます。

詳細は wingsforlifeworldrun.com でご確認ください。

Don't miss our news on social media

Receive our

NEWSLETTER