大いなる冒険

レースの枠を超えた一大イベント

アルプス周辺の5つの国にまたがるレース。17ヶ国からの33名のアスリートがしのぎを削る闘い。全世界の何百万というオーディエンス。

Red Bull X-Alpsは単なるアドベンチャーレースを超えた、苦しみと栄光のストーリー、アルプスの大自然を舞台にした冒険や興奮が沸き起こる、壮大なイベントです。そして、その運営や調整を一手に担うのが、私たちZOOOMです。

鍵となるストーリーテリング

数多あるアドベンチャーレースの中でも、今年で第10回目を迎えるRed Bull X-Alpsは、変わらぬユニークさを備えたイベントです。

グローバルブランドがこぞってRed Bullを象徴する同イベントとの関わりを切望するのには、それだけの理由が。

このイベントについて語るべきストーリーは、止まるところを知りません。この深いレベルで共鳴できるストーリーこそが、ファンをダイレクトに惹きつけてやまない要素となっているのです。

アイデアは実現するためにある

Red Bull X-Alpsは、初めは「もし実現したら面白いのでは?」という風変わりなアイデアに過ぎませんでした。ですが私たちは、優れたアイデアがそのまま風化していくのを良しとしません。

アイデアとは、実現するために生まれてくるもの。それがクライアントのために開発されたクリエイティブのコンセプトであっても、過酷なアドベンチャーレースであっても、そこに違いはありません。アルプスを横断するレースというアイデアが浮かぶと、それをRed Bullに持ち込み、手探りながらも何とか実現まで漕ぎ着けました。

オーディエンスをレースの中心に

ZOOOMのような広告代理店は、自身でイベントを開催・運営するにあたって大きなアドバンテージを持っています。例えば、私たちは世界中のオーディエンスのデジタル体験を、初めからレース計画と不可分のものとして考えることができます。

私たちが目指しているものは、比類のない体験です。オーディエンスがレースの傍観者となるのではなく、むしろ中心になってレースを盛り上げられるような体験を保証します。

RBX21 Equipment Infographic 01JED
csm red bull x alps mediakit 9808e3ab8d

ブランディング、イメージ、そしてデザイン

Red Bull X-Alpsのようなレースでは、レースに対する姿勢とアイデンティティが要求されます。私たちは、強力なブランディングとグラフィックデザインでこれらを表現します。

すべてのビジュアル素材とデジタルタッチポイントは、キャッチフレーズの「世界一過酷なレース」を可能な限り使用することや、スポンサーロゴのサイズや位置についての正確なルールを守ることなど、Red Bull X-Alpsの厳格なガイドラインを遵守しなくてはなりません。これは複雑な仕事ですが、当イベントを単なるパーティーではない、プロフェッショナルなものにするためには重要な仕事なのです。

RBX21 General infographic CMYK 09EJ

強大なメディアの力

テレビ、新聞、雑誌への露出

Red Bull X-Alpsの徹底したメディア戦略は、他に類を見ません。従来型の主流メディアへ、容易にアクセスが可能な編集パッケージを提供することにより、通常のアクションやアドベンチャースポーツのファン層を超えて、リーチ範囲を最大化しました。

各アスリートの個人ページとファンページ、そしてRed Bull X-Alpsの公式SNSアカウントは、およそ1人の人間が読み切るのは不可能なくらいの、レースにまつわるあらゆるニュースで溢れました。これこそが、狙いどおりの成果でした。

マルチメディア / マルチチャネル

Red Bull X-Alpsのファンはとても熱心です。コミュニケーションの多くはライブトラッキングのあるウェブサイトを中心に行われた一方、コンテンツについてはFacebook Liveによるレース場所からの現地リポートを含めて、あらゆるソーシャルメディアチャネルで拡散しました。

数え切れない距離、そして数え切れない閲覧数

これまでに集まったアスリートたちの成果の累計は、目を見張るものです。彼らは数え切れない距離を踏破し、上昇・下降を繰り返してきました。

さらに驚くべきことは、メディアアクティベーションとカバレッジです。2019年だけで、何とオーディエンスへのリーチは7億4,300万を数えました。

csm red bull x alps instagram 0d77df6f12

難解なデジタルタスク

ハードウェアとソフトウェア

Red Bull X-Alpsの開発がユニークな点は、単にサーバーとデータベースだけの問題ではありません。ZOOOMのライブトラッキングシステムでデータ収集を行うためには、最大150人が同時に携帯電話とGPSを使い、リアルタイムで常時接続している必要があります。これは即ち、ハードウェアの評価と管理に関して重要なタスクがあるということ。アスリートとクルー全員が機器を使えるようワークショップを開き、そしてもちろん、Red Bull X-Alpsウェブサイトとアプリのエコシステムにもフィードしなければなりません。

csm xalps website mockup bd896e37b9

テクノロジーの成果

Red Bull X-Alpsウェブサイトを設計するのは、既にあるウェブサイトのテンプレートにいくつかの画像と文章を配置する、というような単純なものではありません。ゼロベースからのカスタムビルドで、誰かがライブトラッカーにロードする度に数百万のデータポイントを扱うものです。どれほどユニークかというと、私たちがどのようにGoogleクラウドなどのサービスを利用してリアルタイムの情報更新を行っているかに着目して、Google自身がケーススタディに利用したほどです。

RBX21 Live Tracking 2

ZOOOMは、このプロジェクト構想を実に見事に具現化してくれました!Red Bull X-Alpsのようなイベントに参加するアスリートたちの思わず息を飲むような旅路を、世界が注目するストーリーへと変えたのです。創造されたストーリーとイメージは、世界中の数十万人のファンに感動とインスピレーションを与えたでしょう。ZOOOMの仕事は、クライアントにとって優れた費用対効果があっただけでなく、ひいてはザルツブルクにも、アルプスのアドベンチャー拠点としての計り知れない価値をもたらしてくれました。

ザルツブルク観光局長, Leo Bauernberger 氏

気に入っていただけましたか?

お気軽にご連絡ください!

 

アイデアにあふれ、何事に対してもチャレンジ精神満々のZOOOMと一緒に素晴らしい仕事をやり遂げましょう。

ご連絡をお待ちしています!

CO2 Neutral