Leitz

ライカの伝統を振り返る

Leitzは2008年、CW Sonderopticの名で映画界に登場しました。クリエイティブ界隈で良く知られたカメラとレンズのブランド、ライカをルーツに持つLeitzは、瞬く間に大成功を収めます。シネマトグラファーたちは、Leitzでしか再現できない独特な画像のスタイルを、ようやく自身の映画に取り入れることができるようになったのです。この時以来、Leitzは数多くの記憶に残る映画のショットを撮影し、業界のヒーロー的存在となりました。

2018年、Leitzは既に世界中で崇拝されているブランドにとっては大きな賭けとなる、徹底したリブランディングをZOOOMに依頼します。このような大変革に着手するには、一旦すべてを白紙の状態に戻す必要がありました。そこで私たちは、Leitzの会社としての本質を確固たるものにするため、合同でブランド構築ミーティングを開催。映画撮影を始めるのに緻密なスクリプトと絵コンテが必要なように、確固たる戦略が素晴らしく創造的な仕事への道を開くのです。

ブランドの流れを汲んだデザイン

すべてを築いた偉大な創業者、Ernst Leitzの高品質光学機器への取り組みとそのビジョンを称えて、ブランド名をLeitzに変更することに。ZOOOMはこの名称変更に伴い、Leitz創業当初のロゴを彷彿させると同時にアイコニックで識別しやすい、赤い丸を組み入れたデザインのロゴを制作。洗練された高級感があり、レンズの焦点が常に合っているよう意識したコーポレートアイデンティティに仕上げました。

ブランドの流れを汲んだデザイン

すべてを築いた偉大な創業者、Ernst Leitzの高品質光学機器への取り組みとそのビジョンを称えて、ブランド名をLeitzに変更することに。ZOOOMはこの名称変更に伴い、Leitz創業当初のロゴを彷彿させると同時にアイコニックで識別しやすい、赤い丸を組み入れたデザインのロゴを制作。洗練された高級感があり、レンズの焦点が常に合っているよう意識したコーポレートアイデンティティに仕上げました。

Leitzのリブランディングは自然の成り行きであり、この分野で成長するための取り組みを刷新すると同時に、一世紀以上も前にライカを創業したErnst Leitzへの敬意を表するものです。80年代の終わりまで、ライカのレンズはすべて「Ernst Leitz Wetzlar」の名を冠していました。新しいブランド名はこの伝統の重さと責任を受け継ぐ、私たちの決意を表したものです。

Leitz 常務取締役 Gerhard Baier 氏, 2018年

Leitz コミュニティを構築する

Leitz のリローンチの一環として、全てのパッケージとコミュニケーションに新しいCIを導入し、新ウェブサイトをドイツ語と英語で制作しました。このサイトでは、トレイラーを観たり、レビューを読んだり、IMDb のような人気ウェブサイトの順位をチェックできる映画データベースや、特定の映画に使用されたLeitz製品へのリンクや詳細情報など、ユーザーが求めるもの全てが見つかる機能が揃っています。ZOOOM は扱い店舗検索やご連絡フォームのような機能を改善した他、顧客が製品を登録して、サービスに関する質問の答えを探せるセルフサービスセンターとして機能する「MyLeitz」ページも開発しました。

leitz packaging

Leitz製品をつなげる

ビジュアルと動画を主体とする新たなウェブサイトは、数多くの動きを導入することで高品質レンズにできることを体感できる内容となっていると同時に、シネマトグラファーとLeitz製品を複数の方法で結びつける機能を有しています。「ニュース」および「イベント」タブからは、Leitzや映画界の最新情報を閲覧可能。製品は探しやすくアレンジされ、同じ製品レンジのフルセットを見つけることから付近にある取扱い店舗を探す手伝いまで、必要なあらゆる情報を提供しています。更に、シネマトグラファーが撮影した動画を利用して、異なる環境下でレンズがどのように動作するかを見せる動画も掲載しました。

「Shot with Leitz」(Leitzのレンズが捉えたもの)は、2005年から現在に至るまでにLeitz製品を使用して撮影されたあらゆる映画が観られる新機能です。このデータベースはIMDbを用いて統合されており、新規エントリーがあれば自動的に更新されます。映画情報やシネマトグラファーのインタビューを読んだり、トレイラーを観たり、撮影の舞台裏をチェックしたりできるだけでなく、気に入ったレンズがあれば、地図機能で近くの取扱い店舗とレンズの在庫状況を調べることも可能です。

焦点をレンズに

映画の撮影というのは一大プロジェクトですが、映画を作り上げるLeitzのレンズについてご存じでしょうか?あらゆる映画や映像作品の制作が停止されてしまった今、ZOOOMの写真・動画制作チームは、普段は引っ張りだこのレンズたちが一堂に会するのを目にする機会に恵まれました。そこで始まったのが、ゴールド版を含むおよそ72枚ものレンズとアクセサリーを、オーストリア・フシュルの当社スタジオでたった3週間の内に撮影するという、大量生産のようなプロジェクトです。Leitzは今や、自社製品の写真や動画を余すところなく取り揃え、あらゆるプラットフォームにおいてプレミアムな地位を確立しています。

leitz lenses

気に入っていただけましたか?

お気軽にご連絡ください!

 

アイデアにあふれ、何事に対してもチャレンジ精神満々のZOOOMと一緒に素晴らしい仕事をやり遂げましょう。

ご連絡をお待ちしています!