yodobashi umeda header 3

THE YODOBASHI CHRONICLES

Founded in Tokyo, 1960, Yodobashi has grown from a specialist camera store into a consumer electronics enterprise with a product range that never ceases to expand. Successfully executing a brand relaunch when you’re one of Japan’s most well-established retailers takes guts, but then again, Yodobashi isn’t afraid to reinvent the wheel. As Yodobashi’s creative partner, we’ve helped them revitalize their look and feel. With the launch of the new Yodobashi Links Umeda Tower came the first implementation of the renewed brand CI, the fresh and bold logo now lights up the skyline of Osaka.

ヨドバシは1960年の設立以来、カメラ専門店から、 総合家電店へと成長し、その取扱商品は今も拡大 し続けています。日本で最も名の知れた量販店チェ ーンのひとつであるヨドバシのブランドリローンチ を首尾よく実行することは、かなりの度胸が必要で す。しかし、ヨドバシは根本からイメージを作り変え ることを恐れてはいませんでした。 私たちはヨドバシのクリエイティブパートナーとし て、ヨドバシのイメージに新しい命を吹き込む手助 けをしました。ヨドバシLinks Umedaタワーのオー プンに伴い、大阪のスカイラインにひときわ輝く新 鮮で人目を引く新しいロゴが、ヨドバシの新しいブ ランドCI(コーポレートアイデンティティ)のお披露 目となりました。

XTREME GOES EXTREME

Free delivery within 24 hours? That’s old news. Kazunori Fujisawa, vice president of Yodobashi, realized early on that he could greatly reduce the time customers spent waiting for a delivery by creating their own distribution system, offering same-day delivery before it became the norm. Using the renewed brand CI, zooom created a new logotype for Yodobashi Xtreme which was placed on everything from the delivery trucks to the delivery people.

日無料配送?もはや新しいことではありません。 ヨドバシの副社長である藤沢和則氏は、自社流通シ ステムを構築することで消費者が商品配送を待つ 時間を大幅に短縮できることを早くから認識し、当 日配送が当たり前になる以前からそれを実施して いました。ZOOOMは刷新した新しいブランドCI( コーポレートアイデンティティ)を使用して、最短配 送サービスのヨドバシエクストリーム(Yodobashi Xtreme)の新しいロゴタイプを作成しました。これ は配送トラックから配達員まで、全ての場面に使用 されています。

XTREME GOES EXTREME

Free delivery within 24 hours? That’s old news. Kazunori Fujisawa, vice president of Yodobashi, realized early on that he could greatly reduce the time customers spent waiting for a delivery by creating their own distribution system, offering same-day delivery before it became the norm. Using the renewed brand CI, zooom created a new logotype for Yodobashi Xtreme which was placed on everything from the delivery trucks to the delivery people.

日無料配送?もはや新しいことではありません。 ヨドバシの副社長である藤沢和則氏は、自社流通シ ステムを構築することで消費者が商品配送を待つ 時間を大幅に短縮できることを早くから認識し、当 日配送が当たり前になる以前からそれを実施して いました。ZOOOMは刷新した新しいブランドCI( コーポレートアイデンティティ)を使用して、最短配 送サービスのヨドバシエクストリーム(Yodobashi Xtreme)の新しいロゴタイプを作成しました。これ は配送トラックから配達員まで、全ての場面に使用 されています。

XTREME GOES EXTREME

Free delivery within 24 hours? That’s old news. Kazunori Fujisawa, vice president of Yodobashi, realized early on that he could greatly reduce the time customers spent waiting for a delivery by creating their own distribution system, offering same-day delivery before it became the norm. Using the renewed brand CI, zooom created a new logotype for Yodobashi Xtreme which was placed on everything from the delivery trucks to the delivery people.

日無料配送?もはや新しいことではありません。 ヨドバシの副社長である藤沢和則氏は、自社流通シ ステムを構築することで消費者が商品配送を待つ 時間を大幅に短縮できることを早くから認識し、当 日配送が当たり前になる以前からそれを実施して いました。ZOOOMは刷新した新しいブランドCI( コーポレートアイデンティティ)を使用して、最短配 送サービスのヨドバシエクストリーム(Yodobashi Xtreme)の新しいロゴタイプを作成しました。これ は配送トラックから配達員まで、全ての場面に使用 されています。

yodobashy extreme branding lg

MAKING EPIC CONTENT

After the success of our first Xtreme Delivery campaign which raced cars, bikes and even planes against the clock, we decided to try something different the second time round. We sent Pro BMX Rider, Rim Nakamura, a competitor in the 2020 Olympics, and Kenichi Sato, Japan’s finest Pro Free Runner, on a mission: Deliver a package for Yodobashi Xtreme Delivery in the metropolis of Tokyo. Trying to keep up with these two champions was a challenge of its own. Needless to say, the outcome is one of the most exciting and exhilarating video series we have ever made. 

功裏に終わったエクストリーム配送キャンペーン の第一弾は、車、モーターバイク、果ては飛行機まで 動員した時間との競争を題材にしたものでしたが、 第二弾はそれとは違うものにしようと決めました。 そこで、プロのBMXライダーで2020年オリンピック 出場選手である中村輪夢さんと、日本初のプロのフ リーランナー、佐藤健一さんに、メトロポリス東京 を舞台にヨドバシエクストリームで小包を配送する という使命を与えて送り込みました。この二人のチ ャンピオンに後れを取らず撮影すること自体がチャ レンジでしたが、その結果は言うまでもなく、私たち の制作した動画の中で、最もエキサイティングで爽 快なものとなりました。 

Receive our

NEWSLETTER

Don't miss our news on social media

ZOOOM MGZN

For our fifth issue of the zooom mag, we got crafty. The magazine – like our client work – is all about customised, highly-detailed, 'hand-made' work. It's also a look back at all the fun we had this year building new things, going new places, and telling new stories. Take a look into our toolbox, and see how we work. Enjoy!

READ OFFLINE

If you would like to receive a printed copy of the zooom mgzn don't hestiate and order it for free. 

CONTACT

LET'S GET TOGETHER

Please note: 
For applications please use the form provided at the end of every job listing.
Due to the new GDPR regulations, we cannot accept any other form of online applications.